Cクラスを購入する時の中古車査定額の基準について紹介しています。

MENU

Cクラスを購入する時の中古車査定額の基準とは

中古車を判定する際は、業者は中古の業界での流動値打ちを基準にして判定をします。一台一台異なる車を正しく評価するのが中古車査定なので、基準が必要です。本質的にuser carを品定する時は、日本自動車査定協会が制定した、中古自動車査定基準を目安にして算出します。

 

その鑑定段階はどのようにして作られているのかというと、中古マートでの小売り流通バリューの基準を相場として設定しています。査定基準価格は、もちろんですが毎月更新されています。

 

クルマの査定額に込みで計算されるもの

一般的に、換価価格は、査定基準価格から各種失費、利益、各社の調整などを割り引いて導きだしていきます。また、中古マーケットでのcarの在庫、回転率、中古車ディーラーの在庫状況や回転率、販売力、整備に必要な部品価格、メンテ体制なども勘案します。
このような、整理ポイントに関しては、どの業者に依頼してもそれほど格差はありません。調整部分で、基本価格に差が出るだけです。車買い取りの標準は、中古車市場の流通価格が基準ですが、具体的にはカーオークションの落札価格が基準になります。

 

このサイトのまとめ

一括査定は車の査定額を知るのにおすすめですが、この場合の査定額は、おおかた基本価格と走行距離を配慮しています。

 

 

メルセデスベンツCクラス値引き速報!【MERCEDESBENZ C CLASS】